ベン・シモンズとドノバン・ミッチェルが3~4月の月間最優秀新人選手賞に選出
NBA

ベン・シモンズとドノバン・ミッチェルが3~4月の月間最優秀新人選手賞に選出

シモンズは3か月、ミッチェルは4か月連続受賞

4月12日(日本時間13日)、NBAは2018年3~4月のルーキーズ・オブ・ザ・マンス(月間最優秀新人選手賞)を発表し、イースタン・カンファレンスからフィラデルフィア・76ersのベン・シモンズ、ウェスタン・カンファレンスからユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルを選出した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

3か月連続、そして今季4回目の月間最優秀新人選手賞に輝いたシモンズは、3月と4月のレギュラーシーズン23試合で平均13.7得点(フィールドゴール成功率58.7%)、新人最多の10.1アシスト、9.3リバウンドを記録し、チームの20勝3敗(リーグベスト)に貢献した。シモンズの活躍により、76ersは球団最長の16連勝でレギュラーシーズンを終えた。

シモンズは、3月と4月のレギュラーシーズン戦で6回のトリプルダブルをマーク。4月6日(同7日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦では27得点、15リバウンド、13アシストを記録し、76ersを132-130の勝利に導いている。イースタン・カンファレンス3位でプレイオフに進出した76ersは、ファーストラウンドでマイアミ・ヒートと対戦する。

4か月連続で月間最優秀新人選手賞を受賞したミッチェルは、3月と4月のレギュラーシーズン21試合で新人最多の22.8得点に加えて4.4リバウンド、4.2アシスト、1.52スティールを記録。ジャズは3月と4月の日程をウェスタン・カンファレンス最高の17勝4敗で終えた。今季平均20.5得点という成績を残したミッチェルは、1989-90シーズンのデイビッド・ロビンソン(サンアントニオ・スパーズ)以来初となる、年間45勝以上をあげたチームでリーディングスコアラーになった新人となった。

4月8日(同9日)に行なわれたロサンゼルス・レイカーズ戦では28得点、自己最多に並ぶ9リバウンド、8アシストを記録し、112-97での勝利に貢献。この試合の勝利でプレイオフ進出を確定させたジャズは、ファーストラウンドでオクラホマシティ・サンダーとの対戦が決まった。

その他の候補は以下の通り。

ジョン・コリンズ(アトランタ・ホークス)、ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)、ジャレット・アレン(ブルックリン・ネッツ)、ラウリ・マルッカネン(シカゴ・ブルズ)、デニス・スミスJr.(ダラス・マーベリックス)、ロンゾ・ボールとカイル・クーズマ(ともにロサンゼルス・レイカーズ)、ディロン・ブルックス(メンフィス・グリズリーズ)、ジョシュ・ジャクソン(フェニックス・サンズ)、ボグダン・ボグダノビッチとディアロン・フォックス(ともにサクラメント・キングス)。



関連記事

ベン・シモンズとドノバン・ミッチェルが2月の月間最優秀新人選手賞に選出

ベン・シモンズとドノバン・ミッチェルが1月の月間最優秀新人選手賞に選出

ジェイソン・テイタムとドノバン・ミッチェルが12月の月間最優秀新人選手賞に選出

ベン・シモンズとカイル・クーズマが10~11月の月間最優秀新人選手賞に選出


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top