ウォリアーズがファーストラウンド第1戦に勝利、ドレイモンド・グリーンは「自分たちが王者」

ウォリアーズがファーストラウンド第1戦に勝利、ドレイモンド・グリーンは「自分たちが王者」

クレイ・トンプソンは27得点、ケビン・デュラントは24得点で勝利に貢献

4月14日(日本時間15日)にオラクル・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2018、サンアントニオ・スパーズとゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦は、試合序盤からリードを奪ったウォリアーズが113-92で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

レギュラーシーズン終盤に失速したウォリアーズだったが、プレイオフ初戦でスパーズを圧倒。フィールドゴール13本中11本を決めて27得点をマークしたクレイ・トンプソンは、第1戦で印象に残る力強い形でプレイできたかについて「間違いなくね」と語った。

「レギュラーシーズンを良い形で終えられなくて、片足でプレイオフに臨んだ感じだった。自分たちの能力はわかっている。どれだけ良いチームかもわかっている。ポストシーズンは経験済みだし、どうすれば勝てるかわかっているよ」。

12得点、8リバウンド、11アシストで勝利に貢献したドレイモンド・グリーンは「自分たちが王者。この時期にどうすれば勝てるかはわかっている」と言う。

「この時期のために準備している。多くの人は、自分たちに何ができるかを忘れてしまっているのかもしれないね。でも、自分たちはわかっている」。

ウォリアーズ(シリーズ1勝0敗)はトンプソンとグリーンのほか、ケビン・デュラントが24得点、8リバウンド、7アシストを記録。ひざの負傷により欠場中のステフィン・カリーは、同日に再検査を受けた。経過は順調で、今後コートでのリハビリメニューの強度を上げていくという。


第1戦後、スパーズのグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチは「第1クォーターは、まるで身動きが取れないような感じだった」と、試合を振り返っている。

スパーズ(シリーズ0勝1敗)は、ルディ・ゲイが15得点、ラマーカス・オルドリッジが14得点だった。

第2戦は同会場で4月16日(同17日)に行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:カーメロ・アンソニーはサンダーとの契約最終年を破棄せず

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

もっと見るレス
Back to Top