ラプターズがプレイオフシリーズ初戦での連敗を10で止める、デマー・デローザンは「第2戦のことを考える」

ラプターズがプレイオフシリーズ初戦での連敗を10で止める、デマー・デローザンは「第2戦のことを考える」

ラプターズが最後にシリーズ初戦に勝利したのは2001年のカンファレンス準決勝

4月14日(日本時間15日)にエア・カナダ・センターで行なわれたNBAプレイオフ2018、ワシントン・ウィザーズとトロント・ラプターズによるイースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦は、ラプターズがプレイオフでの球団新記録となる16本(試投30本)の3ポイントショットを決め、114-106で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

プレイオフシリーズ初戦での連敗を10で止めたラプターズが最後にシリーズ初戦に勝利したのは、フィラデルフィア・76ersと対戦した2001年のカンファレンス準決勝第1戦だった。デマー・デローザンは「(シリーズ初戦の連敗は)もう終わった。第2戦のことを考える」と語っている。

また、デロン・ライトは「自分たちよりもファンのほうが安心したんじゃないかな」と話した。

イースタン・カンファレンス首位でプレイオフに勝ち進んだラプターズのドウェイン・ケイシー・ヘッドコーチは、今シリーズの第1戦よりはるか先を見据えている。試合後には「満足などしていない。もう長いことプレイオフで戦っている」と気を引き締めた。

ラプターズ(1勝0敗)は、サージ・イバカが23得点、12リバウンド、ライトが18得点、デローザンが17得点、カイル・ラウリーが11得点、9アシストを記録した。


敗れたウィザーズ(0勝1敗)は、ジョン・ウォールが23得点、15アシスト、マーキーフ・モリスが22得点、ブラッドリー・ビールが19得点だった。

第2戦は同会場で4月17日(同18日)に行なわれる予定だ。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top