レイカーズがキャブズを撃破、自己最多36得点を記録したジュリアス・ランドルは「チームがやりたいプレイをやれている」

レイカーズがキャブズを撃破、自己最多36得点を記録したジュリアス・ランドルは「チームがやりたいプレイをやれている」

レブロン・ジェームズは「ルークがHCになってから彼らは毎シーズン成長している」

3月11日(日本時間12日)にステイプルズ・センターで行なわれたクリーブランド・キャバリアーズ対ロサンゼルス・レイカーズの一戦は、ジュリアス・ランドルが自己最多となる36得点、14リバウンド、7アシストの大活躍を見せ、レイカーズが127-113で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

レイカーズは、昨季のイースタン・カンファレンス王者を相手にエキサイティングで、活力溢れるスタイルで圧倒する。65-60で前半を折り返すと、後半を62-53で上回り勝利を収めた。

ランドルは試合後「攻守ともに連携できている」と語った。

「自分たちがやりたいプレイをやれている」。

レイカーズ(30勝36敗)はランドルのほか、ブルック・ロペスが22得点、8リバウンド、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープとアイザイア・トーマスがそれぞれ20得点、カイル・クーズマが14得点、10リバウンドで勝利に貢献した。


キャブズのレブロン・ジェームズは、レイカーズについて「ルーク(ウォルトン)がHCになってから、彼らは毎シーズン成長している」と話した。

「レイカーズは、ルークがゴールデンステイト(ウォリアーズ)時代に学んだボールムーブ、ボディムーブを実行しようとしている」。

敗れたキャブズ(38勝28敗)は、ジェームズが24得点、10リバウンド、7アシスト、ラリー・ナンスJr.が16得点、8リバウンド、アンテ・ジジッチが15得点だった。

ボックススコア


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top