批判に対してデリック・ローズが「自分が何者かはわかっている」
NBA

批判に対してデリック・ローズが「自分が何者かはわかっている」

ミネソタ・ティンバーウルブズで新たなキャリアへと踏み出した

デリック・ローズが批判に対して口を開いた。

3月10日(日本時間11日)に、ローズは自身への批判に対する気持ちを語り、ミネソタ・ティンバーウルブズで始まる新たなキャリアで自分がまだまだプレイができるのだとやる気を見せた。ローズは「これが僕の率直な意見だ」と『ESPN.com』に話している。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

「僕に対してもうダメだ、もうプレイできない、もうシュートができないと言うのは構わないよ。まったく気にならない。そう感じるのであればそれはそれで構わないけど、僕はそういった批判者に認められる必要なんてない」。

「自分が何者かはわかっている、自分がどういうプレイヤーなのかはわかっている」とローズは続けた。

「お互いの意見が尊重できればそれでもう良いだろう。そう感じているよ」。

ローズは2月8日(同9日)にクリーブランド・キャバリアーズからユタ・ジャズへトレードされ、その2日後に解雇されている。それ以来ローズはどのチームにも所属していなかった。


しかし、プレイオフ出場資格取得の期限である3月1日までに解雇されていることから、新たに契約したウルブズがプレイオフに進出した場合、ローズも出場することができる。ローズは「僕は何も証明する必要なんてないと感じている」と語っている。

「自分がバスケットボールをプレイしていて幸せだと感じて、全力を尽くしたと感じれることのほうが大切なんだ。やめようと思ったときにやめるさ。いずれバスケットボール後の人生がやってくるわけだけど、それまではバスケットボールが僕にとって全てだ。他のことは考えない。ほかの選手たちのようにバスケットボール以外の活動をやっていないのは、自分にとってバスケットボールがナンバーワンだからなんだ」。

「一度にふたつのことは愛せないと思うんだ。バスケットボールのために全てを捧げてきている。引退してゲームを離れるまでは、全てを捧げるよ」。

現在29歳のローズは、今シーズンは足首の怪我などもあって16試合しかプレイしておらず、平均9.8得点、1.8リバウンド、1.6アシストという成績だ。2010-11シーズンのMVPはここ数シーズン怪我に悩まされ続けているが、まだまだプレイできることを見せたがっているようだ。

原文:Derrick Rose shuts down critics: 'I know who I am' by Sporting News / Kirstie Chiappelli(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top