優勝を疑うことがなかったドレイモンド・グリーン「自分たちに何ができるか分かっている」
NBA

優勝を疑うことがなかったドレイモンド・グリーン「自分たちに何ができるか分かっている」

「僕らは自分たちの選手層を誇っている」

6月8日(日本時間9日)に行なわれたNBAファイナル2018第4戦は、ゴールデンステイト・ウォリアーズが108-85でクリーブランド・キャバリアーズを下し、2連覇を達成した。試合後、ウォリアーズのドレイモンド・グリーンがメディアとの質疑応答に応じた。

▶ NBAファイナルを観るならRakuten NBA Special

――レブロン・ジェームズとのこの4年間の対戦を振り返ってどうだったか。ファイナルのたびに対戦し、あれほど脅威となる彼との対戦は、選手として役立った?

本当に必要なのは、自分が素晴らしい選手でなければいけないと理解することだ。彼はいつも彼のチームにチャンスをもたらす存在だからね。もたついていたら、彼は勝ってしまう。シリーズを制してしまうんだ。

だから、常に緊張を保つことが非常に重要なんだ。フロアに立つたびに素晴らしくあろうとし、自分の最高のゲームをしようとしなければいけないんだ。彼はスーパーに素晴らしいタレント(才能の持ち主)だよ。もちろん、すごく賢い。だから、コートに向かうたびに、正しい姿勢で臨もうとすることが大切だ。

――自身やチームの中で、ヒューストン・ロケッツとのウェスタン・カンファレンス・ファイナルで2勝3敗となったときや、ホームでの第6戦、ロードでの第7戦でリードされたとき、優勝できないかもしれないとか、そこで終わるかもしれないと思った瞬間はあったか?

なかった。僕らは自分たちに何ができるか分かっている。ロケッツとのシリーズでは、4勝1敗で勝てると思ったときがあった。それからアンドレ(イグダーラ)が負傷して、誰もその損失を話題にしていないかのようだった。僕らがすべて解決したからだ。彼らは“ハンプトン・ファイブ”を止めることができなかった。終わったかのようだった。でもアンドレがケガをして、僕らは解決しなければいけなかった。


ゲームプランどおりにやり、自分たちの試合をすれば、あのシリーズを勝つことができると分かっていたんだ。

――過去3シーズンと比べて、レギュラーシーズンも含め、今季の特殊なプレイオフの道のりはどれほど難しかった?

すごく難しかったよ。プレイオフだけじゃない。シーズンを通じてね。優勝した次のシーズンで、82試合の1試合目からそのレベルに戻ることを期待される。すごくタフなことさ。ケビン(デュラント)も、僕も、クレイ(トンプソン)も、ステフ(ステフィン・カリー)も、ジョーダン・ベルも、それぞれいない時期があった。すべてのケガを乗り越えて、この位置に戻ろうと奮闘するのは、すごくタフなことだった。

だけど、僕らは自分たちの選手層を誇っている。シーズンのいろいろなところで、その厚みを見せられた。プレイオフになってからもね。アンドレが負傷し、ステフはプレイオフの序盤にいなかった。でも、ほかの選手たちが台頭したんだ。それが大事なことなんだよ。

[特集]NBAファイナル2018: ゴールデンステイト・ウォリアーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:カーメロ・アンソニーはサンダーとの契約最終年を破棄せず

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

もっと見るレス
Back to Top