ドウェイン・ウェイド、来季も現役を続けるか熟考中
NBA

ドウェイン・ウェイド、来季も現役を続けるか熟考中

「ヒートでしかプレイする気はない」と明言

ドウェイン・ウェイドは、NBAキャリア15年目のシーズンを終えたばかりで、16年目をプレイするかどうか決めていない。

36歳のウェイドは、『Fox Sports』のラジオ番組に出演した際、まだ引退するかどうか決断していないと話した。しかし、もし現役を続けるにしても、2018-19シーズンはマイアミ・ヒートでしかプレイする考えはないという。

ウェイドは「今は、現役を続けるかどうかじっくり考えているところ。今の時点での自分が持っている唯一のビジョンは、マイアミ・ヒートのユニフォームを着てプレイすること」と語った。

1年目から13年目までヒートに所属し3回の優勝を成し遂げたウェイドは、2016年にシカゴ・ブルズに移籍。昨年9月にはクリーブランド・キャバリアーズと1年230万ドル(約2億5100万円)の契約を結んだ。

だがキャブズでは46試合に出場後、今年の2月にヒートにトレードされ、古巣復帰後は平均12得点を記録した。

ウェイドは「このリーグでは何が起こるかなんてわからない。クレイジーだよ」と話す。


「自分がマイアミを離れるなんて考えたこともなかったしね。でも、色々と起こる」。

ヒートはプレイオフ・ファーストラウンドでフィラデルフィア・76ersに敗れた。ウェイドは同シリーズで平均16.6得点という成績を残した。

原文:Heat guard Dwayne Wade still unsure if he will play in 2018-19 by E.Jay Zarett/Sporting News(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:カーメロ・アンソニーはサンダーとの契約最終年を破棄せず

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

もっと見るレス
Back to Top