ラプターズがロケッツの連勝を止める

ラプターズがロケッツの連勝を止める

1月26日以来の敗戦にもジェームズ・ハーデンは「負けた気がしない」

3月9日(日本時間10日)にエア・カナダ・センターで行なわれたヒューストン・ロケッツ対トロント・ラプターズの一戦は、ラプターズが108-105で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

ホームのラプターズは、ロケッツの武器の1つである3ポイントショットを封じることに意識を置き、相手の3P成功数を今季球団最少に並ぶ9本(27本中)に抑えた。

カイル・ラウリーは「相手の選手を3Pラインの内側にい続けさせるようにすることが、ゲームプランの1つだった」と語った。

「相手の長所の1つを取り除くために努力した」。

ラプターズ(48勝17敗)は、ラウリーが30得点、デマー・デローザンが23得点、ヨナス・バランチュナスが14得点、10リバウンドで勝利に貢献した。


連勝が17で止まったものの、ロケッツのジェームズ・ハーデンは「負けた気がしない」とコメント。「自信はあるし、何も変わっていない。ただの1試合だよ」と、続けた。

1月26日(同27日)に敵地で行なわれたニューオーリンズ・ペリカンズ戦以来となる敗戦を喫したロケッツ(51勝14敗)は、ハーデンが40得点、クリス・ポールとエリック・ゴードンがそれぞれ14得点だった。

ボックススコア


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top