リポート:ウォリアーズとクレイ・トンプソンが延長契約締結に向け交渉中
NBA

リポート:ウォリアーズとクレイ・トンプソンが延長契約締結に向け交渉中

新たに複数年契約を締結させるため交渉中と報じられる

ゴールデンステイト・ウォリアーズとクレイ・トンプソンが、新たに複数年契約を締結させるため交渉中と『The Athletic』のマーカス・トンプソン二世記者が伝えた。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

この話し合いがまとまれば、トンプソンが今後数年ウォリアーズでプレイすることが決まるだけでなく、ウォリアーズにとっても同選手がフリーエージェントになる2019年に再契約を結ぶよりコストを抑えられるという利点がつく。

仮にトンプソンがフリーエージェントになってウォリアーズと再契約する場合、今の時点で延長契約を結ぶより8000万ドル(約87億5000万円)以上を手にできる。トンプソンは、以前からウォリアーズに残りたい話していた。

今年2月には、トンプソンが「キャリアを終えるまで1つのチームでプレイできるのは特別なこと」と語ったと『The Mercury News』のマーク・メディナ記者が伝えた。またトンプソンは「プロスポーツの世界で、1つのチームでキャリアを全うした選手は少ない。だから、それが僕にとっての目標なんだ。上手くいけばいいと思っているよ」ともコメントしたという。

今夏ウォリアーズは、昨年オフに減額を受け入れたケビン・デュラントとマックス契約を結ぶと見られている。またステフィン・カリーは、昨年チームと結んだ5年2億100万ドル(約219億8500万円)という契約の1年目を終えようとしている。


もしトンプソンが今の時点で延長契約を結べば、ウォリアーズは同選手、デュラント、カリー、ドレイモンド・グリーンを長期間契約下に置けるだけの財政的な余裕を手にできるかもしれない。

トンプソンは直近4シーズン連続して平均20得点以上を記録し、4年続けてオールスターにも選出された。キャリア平均42.2%の3ポイントショット成功率を記録しているトンプソンは、今季のプレイオフ中にあと3本の3Pを成功させれば、プレイオフでの3P成功数で歴代10位に浮上する。

原文:Report: Klay Thompson discussing contract extension with Golden State Warriors by NBA.com(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

76ersが元WNBA選手のリンジー・ハーディングをスカウトに起用

nba

リポート:ヒートはライアン・アンダーソンの獲得に関心なし

nba

ステフィン・カリー「ウォリアーズで引退したい」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日 代々木公園バスケットボールコート

nba

シーズン全休から復帰するブランドン・ナイト「チームの助けになる方法はわかっている」

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック来日ポートレイト

nba

ジャバリ・パーカーはブルズでかつての姿を取り戻せるか?

nba

ジャズがアイザック・ハイスと契約

nba

リポート:ユドニス・ハズレムがヒートとの再契約に前向きか

nba

リポート:新人マイケル・ポーターJr.は順調に回復

nba

ホークスが本拠地移転50周年を記念し、移転1年目のジャージーを復刻

nba

2年目を迎えるNBA 2Kリーグに4チームが追加参戦

もっと見るレス
Back to Top