[丹羽政善コラム第57回]ドリュー・ホリデー――家族の危機を乗り越え、著しく成長したペリカンズの司令塔
NBA

[丹羽政善コラム第57回]ドリュー・ホリデー――家族の危機を乗り越え、著しく成長したペリカンズの司令塔

ブレイザーズとのプレイオフ・ファーストラウンドで目覚ましい活躍を見せたペリカンズの司令塔ドリュー・ホリデーの半生を辿る

意地を見せ、追いすがるポートランド・トレイルブレイザーズを振り切って、ニューオーリンズ・ペリカンズはプレイオフ1回戦でスウィープ勝ちを決めた。

その第4戦では、アンソニー・デイビスが47点をマークしたが、ドリュー・ホリデーも41点をあげ、ブレイザーズに傾きかけた流れを何度も引き戻した。

それ以上に目を見張ったのが、彼のディフェンスだ。実績、格でホリデーを上回るデイミアン・リラードを主にマークしたが、1試合平均得点26.9点(レギュラーシーズン)を誇るリラードに仕事をさせず、4試合通じて、20点を許したのが一度だけ。フィールドゴール成功率を35.2%に抑え、あとの3回は、いずれも20点以下に抑えた。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

長く、デイビスの陰に隠れ、デマーカス・カズンズが来てからは、さらに陰が薄くなった。しかし1月終わり、カズンズが左足アキレス腱を断裂して今季絶望となると、今季の開幕前、5年総額1億2600万ドルで再契約をしたホリデーに対する期待が高まる。

それに応えられるかどうか。それは彼がこのまま、“好選手”で終わるか、スーパースターの仲間入りを果たすのかが、同時に問われていた。

果たして、どうだったかといえば、1回戦では、攻守に渡ってキーパーソンとなり、チームのシリーズ突破に大きく貢献したのだった。

そこで透けたのは、彼の成長、覚悟、そして安住の中で生まれていた甘えとの決別だった。

恵まれた生い立ち、初めての試練。それを乗り越え、今に至る経緯をたどる。

バスケットボール一家に育つ

2009年6月のNBAドラフトでフィラデルフィア・76ersから1巡目指名(全体17番目)されたドリュー・ホリデーは、知られるようにバスケットボール一家に育った。

一つ年上の兄は、シカゴ・ブルズのジャスティン・ホリデー。ワシントン大、ベルギー、Dリーグ(現Gリーグ)を経てNBAデビューしたものの、なかなか結果を残せず、Dリーグと行ったり来たり。しかし今季は、先発出場試合数、平均得点など、軒並みキャリハイをマークし、スターターに定着した。

ドリューと同じくUCLAに進学した末っ子のアーロン・ホリデーは、大学3年生だった昨季、1試合平均20.3点を記録し、NBA入りを決意。6月のドラフトでは、1巡目後半か2巡目前半での指名が予想されている。

妹のローレン・ホリデーもUCLAでバスケット選手として活躍していた時期があり、高校時代にバスケットをしていた選手が、奨学金をもらって大学に進学できる確率は、男子が3.4%、女子が3.8%(いずれもNCAA調べ)というなか、4人揃って親孝行をした。

ちなみに、大学でバスケットをしていた選手がNBAに行ける確率は1.2%(NCAA調べ)だが、兄弟3人揃ってとなると、これまで4例しかない奇跡的な数字だ。

学生時代は音楽にも勤しむ

さて、そんな4人の子供たちは、大学までバスケットをしていた両親の下に生まれた。ともにアリゾナ州立大学でバスケットをしているときに知り合い、その後、結婚したのだという。

ただ、4人の子供たちは、いずれも幼い頃から英才教育を受けたわけではない。むしろなんでも積極的にやらせた。親の方針は、興味を持ったことに「NOと言わない」。そして、「決めつけない」。ドリューも、むしろ最初に興味を持ったのは音楽だった。

学校は、母親が働いていた関係で、ハリウッドに近いキャンベル・ホールという幼稚園から高校までエスカレーター式のプライベートスクールへ通ったが、その学校は音楽の教育に力を入れており、ドリューも「ドラムを得意としていた」と振り返る。そして本人曰く、「高校のときにはジャズバンドもやっていた」そうだ。

バスケットも並行して熱中したが、「子供の頃は、ピアノ教室にも通っていた」というから、彼らは将来の選択肢の多い、比較的、裕福な家庭に育ったと言えるのかもしれない。ハングリーな環境で育った選手が多いNBAの中では、異例といえる。

しかしながら、徐々にバスケット選手としての才能が、隠せなくなる。ニューオーリンズの地元紙に父ショーンが、こんな話をしていた。

「ドリューは2歳のとき、ドリブルができた。しかも右でも、左でも。だからといって、将来、バスケットの選手になれるとは考えもしなかったが、ひょっとしたらと考えるようになって、プロを目指せるような環境を整えようと考えた」。

兄ジャスティンとともに腕を磨く

ジャスティンとドリューは高校のとき、AAU(アマチュア体育連合)のリーグでは、デマー・デローザン(トロント・ラプターズ)、マルコム・リー(元ドイツリーグ)、ブランドン・ジェニングス(ミルウォーキー・バックス)ら、将来のNBA選手らとしのぎを削ったというから、そのあたりは、アメリカのバスケット事情をよく知る両親が、お膳立てをしたのかもしれない。

何より、ドリューには兄がいた。

兄弟に奨学金で大学へ行けるようなレベル、あるいは、プロレベルの選手がいる場合、互いに良い影響がある例は、少なくない。3月のコラムで紹介したゴラン・ドラギッチ(マイアミ・ヒート)もそう。先月のC.J.・マッカラム(ブレイザーズ)もそうだ。

Jrue Holiday Pelicans
UCLAでコンビを組んだダレン・コリソンとは、2009年NBAドラフトでともに1巡目指名を受けてNBA入りした Photo by Getty Images Sport

ドリューの場合、兄のジャスティンとは1歳しか違わず、同レベル。物心ついた頃から、1対1で競い合った。父親は、「そうして互いに、スキルを磨き合い、闘争心を身につけていったのかもしれない」とも話していた。時々、互いに熱くなることもあったようだが、そこでも「NO」とは言わず、解決方法は彼ら自身に考えさせたそうだ。

2005年、キャンベル・ホール高校は、32勝0敗というパーフェクトシーズンを送り、カリフォルニア州のチャンピオンに。このときもちろん、ジャスティンとドリューの兄弟コンビが、その原動力となった。

大学は家から近い名門UCLAへ


そうなると必然、大学進学をめぐって、リクルートが激しくなっていく。

ワシントン大進学を決めた兄に対し、ドリューの下には、UCLAを含むパック10地区(現パック12地区)の全校、ノースカロライナ大、テキサス大、コネティカット大などからオファーが届いた。

しかし彼は、家から近いという理由で、UCLAを選択する。「本当は、ノースカロライナ大に行きたかった」というものの、「ロサンゼルスから直行便がないから」というのが、その理由だったという。

その頃になってようやくドリューは、自分の才能に気づく。「高校4年になって初めて、NBAに行けるのかなって」。

各大学のスカウトは、彼を高く評価した。当時はすでに、NBAの規定で高校から直接NBAに行くことはできなくなっていたが、「以前のルールなら(高卒直後に)ドラフトされただろうと言われ、NBAを意識するようになった」そうである。

彼が高校4年のとき、UCLAにはケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)、ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)らがおり、チームはNCAAトーナメントでファイナル4に進出した。その2008年のファイナル4では、デリック・ローズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)率いるメンフィス大に敗れていた。

ラブらはその年のNBAドラフトで指名されたため、ホリデーは一緒にプレイすることはなかったが、そうしてNBAへのレールが敷かれていることもまた、最終的にUCLAを選ぶ一因になったようだ。

運命の出会い

さて、そうしてUCLAに進学し、学生生活を送っていたある日のこと。女子のバスケットの試合を見に行ったのがきっかけで、運命の女性と出会う。

知られたエピソードだが、ドリューが自分の席に着こうとすると、子供からチームメイトのダレン・コリソン(インディアナ・ペイサーズ)と間違えられ、「サインをもらえますか?」と言われたという。人違いだよ、といいながら席に座ると、後ろから、こう声をかけられた。

「君のほうが、コリソンより、かっこいいよ」。

それがローレン・チェニーさん。ファーストネームが妹と同じだが、当時、UCLAの1学年上で、サッカーの米国代表選手だった。しかも、超がつくサッカー界のスーパースター(2015年のワールドカップでは、日本との決勝戦でゴールを決めている)。

そのとき、ドリューがどこまでそのことを理解していたかは分からないが、それをきっかけに連絡先を交換すると、2009年のドラフトで指名されたとき、お祝いの連絡があった。2人は、間もなく付き合い始め、2013年の夏に結婚。2年後、ローレンさんがサッカーを引退すると、2016年に入って、子供ができた。ドリューは歓喜した。

Jrue Holiday Pelicans
76ers時代の2013年にはオールスター出場も経験 Photo by NBA Entertainment

ところが、である。妊娠中期に入って、状況が一変する。ローレンさんが頭痛を訴えたことから病院で精密検査をすると、脳腫瘍が見つかった。

そんな状態で子供を産めるのか? そもそも彼女は大丈夫なのか?

「これから、どんなことが起こるのか、想像もできなかった。ストレスだった」と振り返るドリュー。

「祈るしかなかった」。

夫人の病気に向き合いながら試練を乗り越える

医師らと何度も話し合いを重ねながら、まずは出産を優先。体力の回復を待ち、ローレンさんの手術を行なうことになった。

9月下旬、元気に娘が生まれると、10月、ローレンさんの手術も成功した。ドリューはトレーニングキャンプに参加できなくなったが、開幕から12試合を欠場しただけでチームに復帰できたのは、ある意味、奇跡だった。

ただ、そのシーズン――つまり昨季は、バスケットに集中できない日もあった。ローレンさんはまだ、必死のリハビリを続けており、「なによりも家族を優先する」という彼は、切り替えができないでいた。それは、彼の長所である一方で、プロアスリートとしては欠点でもなかったか。

しかし今季は違う。娘は、試合を見に来るまでに成長した。ローレンさんも普通の生活を送れるまでになった。霧が晴れた。

Jrue Holiday Pelicans
今季は1試合平均19.0得点、6.0アシスト、4.5リバウンドと自己最高と言っていい成績をマーク Photo by NBA Entertainment

一つ、また一つ、家族で乗り越えた試練。ドリューは確実に強くなった。スーパースターになるには欠けていた責任感、自覚も以前とは比較にならない。それが今、プレイに滲み出ている。

戸惑ったのはブレイザーズだ。最後まで、昨季までの残像とのギャップを埋めきれず、答えを導くことができなかったのかもしれない。

文:丹羽政善

丹羽政善コラム バックナンバー


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

ラプターズがグレッグ・モンローとの契約を発表

nba

ラッセル・ウェストブルックが代々木公園でストリートボーラーやBリーガーと共演

nba

ラッセル・ウェストブルック来日合同インタビュー「毎試合全力を出し尽くしていた選手として記憶してもらいたい」

nba

新生レイカーズについてカイル・クーズマ「多くの人が僕らを過小評価している」

nba

カーメロ・アンソニーがオクラホマシティへ感謝状

nba

ラッセル・ウェストブルックが初来日、ナイキ原宿でトークショーを開催

nba

リポート:シャバズ・モハメッドがバックスとの再契約に合意

nba

[ギャラリー]ラッセル・ウェストブルック Why Not Tour in Japan - ナイキ原宿トークショー

nba

リポート:ロケッツ移籍のカーメロ・アンソニーはセカンドユニットでの起用か

nba

ミネソタ・リンクスのスター選手、リンジー・ウェイレンが現役引退を表明

nba

ロケッツがカーメロ・アンソニーと契約

nba

ルーキー撮影会 ウェスタン・カンファレンス編

もっと見るレス
Back to Top