NBA選手会がミシェル・ロバーツ常任理事を再選
NBA

NBA選手会がミシェル・ロバーツ常任理事を再選

任期は4年間で、満票での再選となった

NBA選手会(NBPA)は、7月10日(日本時間11日)に行なわれたミーティングで、ミシェル・ロバーツが常任理事として再選されたことを発表した。2014年から常任理事を務めているロバーツは満票での再選となり、新たに4年間の任期となる。

「選手たちが私を信頼し、もう4年間この職を務められることを光栄に思っている」とロバーツ常任理事は語った。

「彼らを代表し、労使協定の交渉など、選手会として多くを達成することができている。選手たちのことを一番に思い、私の声を通して最善を尽くしたい」。

ロバーツ常任理事は、2017年に4年間の再選となった選手会会長のクリス・ポールとともに業務を務めることとなる。

ポール会長は「ミシェルを選出したとき、選手会を再び我々の手の内に戻すというのが目標だった」。


「彼女のリーダーシップと指導のもと、それを達成できただけでなく、NBPAをスポーツ界全体において最も力がありアクティブな選手会に成長させることができた。彼女はとても重要な存在であり、これからも一緒に仕事ができることはとても喜ばしい」。

ポール会長は執行委員会のトップであり、ファースト・バイスプレジデントをレブロン・ジェームズ、財務部長をアンソニー・トリバー、バイスプレジデントをカーメロ・アンソニー、ステフィン・カリー、パウ・ガソル、アンドレ・イグダーラ、CJ・マッカラム、ギャレット・テンプルがそれぞれ務めている。

原文:Michele Roberts re-elected executive director of National Basketball Players Association by NBA.com


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top