ペイサーズがキャブズを圧倒し第1戦に勝利、ビクター・オラディポは「勝てると信じている」

ペイサーズがキャブズを圧倒し第1戦に勝利、ビクター・オラディポは「勝てると信じている」

レブロン・ジェームズはキャリア初ファーストラウンド初戦に敗れる

4月15日(日本時間16日)にクイックン・ローンズ・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2018、インディアナ・ペイサーズ対クリーブランド・キャバリアーズによるイースタン・カンファレンス・ファーストラウンド第1戦は、第1クォーター中にリードを21点(33-12)、第3Qには23点(61-38)に広げたペイサーズが98-80で勝利した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

32得点で勝利に貢献したビクター・オラディポは「勝てると信じている」と自信をのぞかせた。

「チームは攻守ともにアタックする気持ちで試合に臨んだ。シーズンを通じてやってきたプレイをしようと心に決めていた。良い仕事ができた。まだ1試合が終わっただけ。まだ第1戦が終わっただけだよ」。

ペイサーズ(1勝0敗)はオラディポのほか、マイルズ・ターナーが16得点、8リバウンド、ボーヤン・ボグダノビッチが15得点を記録した。

レギュラーシーズン中の綻びをプレイオフにも引きずっているキャブズは、8年ぶりにファーストラウンドの初戦を落とした。レブロン・ジェームズ個人に限れば、ファーストラウンド初戦では同試合まで12戦無敗だった。この記録を知らなかったジェームズは、試合後「そうなの?」とメディアに逆質問。「じゃあ、僕はこれまでファーストラウンドの初戦で一度も負けていなかったってこと?」と尋ねた。

「ファーストラウンドで0勝1敗になった。ファイナルで1勝3敗も経験したから、次の試合までの数日にどういう気持ちになるかは誰よりもわかっているよ」。

ジェームズはペイサーズについて「うちよりアグレッシブだった」と話している。


「見事なバスケットボールだった。こちらがやりたかったこと、トライしたかったことをやられてしまった。攻撃時にはチームよりもフィジカルだったし、彼らはやりたいプレイを正確に決めていた。今日は点が取れなかったよ」。

先手を取られたキャブズ(0勝1敗)は、ジェームズがプレイオフで通算20回目のトリプルダブル(24得点、10リバウンド、12アシスト)、JR・スミスが15得点、ケビン・ラブが9得点、17リバウンドだった。

第2戦は18日(同19日)に同会場で行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

リポート:カーメロ・アンソニーはサンダーとの契約最終年を破棄せず

nba

スパーズの優先事項はカワイ・レナード残留

nba

リポート:マブスは新人ルカ・ドンチッチをサマーリーグに出場させない意向

nba

渡邊雄太がネッツからのサマーリーグ出場を発表

nba

[ギャラリー]NBAドラフト2018

nba

NBAドラフト2018 当日のトレードまとめ

nba

NBAドラフト2018 指名結果一覧

nba

NBAドラフト2018 全体5位指名選手トレイ・ヤング「日々の練習で努力して、試合に勝てるように努力する」

nba

NBAドラフト2018 全体4位指名選手 ジャレン・ジャクソンJr.「この日を毎日のように夢に見てきた」

nba

NBAドラフト2018 全体3位指名選手ルカ・ドンチッチ「マブスに加われることを嬉しく思う」

nba

NBAドラフト2018 全体2位指名選手マービン・バグリー三世「チームに加わって、一緒に何かを生み出すのが非常に楽しみ」

nba

NBAドラフト2018 全体1位指名選手ディアンドレ・エイトン「名前を呼ばれた瞬間は極めて刺激的だった」

もっと見るレス
Back to Top