NBAナビゲーション番組『Basketball Diner』がYouTubeにて配信開始
NBA

NBAナビゲーション番組『Basketball Diner』がYouTubeにて配信開始

NBAライターの大西玲央氏、バスケットボール雑誌『ダブドリ』編集長の大柴壮平氏、Rakuten TVのAnco氏がNBAの魅力に迫る!

2018-19シーズン開幕まで約2か月に迫った8月9日、YouTube上で新たなNBA情報番組『Basketball Diner』の配信が始まった。番組はNBAのライブ放送・配信サービス『Rakuten NBA Special』を運営するRakuten TV(楽天TV)と、バスケットボール専門誌『ダブドリ』が共同運営する。メインパーソナリティとしてNBA日本公式サイトなどで活動しているライターの大西玲央氏、ダブドリの大柴壮平編集長、そしてNBAビギナーであるRakuten TVのAnco氏の3人を据え、それぞれが思い思いにNBAの魅力を語り尽くすトークショースタイルのオンライン動画だ。

▶ NBAを見るならRakuten TV

番組では、毎週気になる最新のNBAニュースをピックアップして詳しく解説するほか、リーグの仕組みやトレンドなどを掘り下げながらNBAの魅力をわかりやすく伝えていく。大柴編集長が初回配信の冒頭で「最近NBAを見始めたという人も、Ancoちゃんと一緒に成長できるような番組に」と目標を掲げているように、大西氏と大柴編集長によるマニアックなNBAトークとNBA初心者であるAnco氏の素朴な感想や疑問が融合した、ライトファンからコアファンまで幅広く楽しめる番組だ。

Basketball Diner capture
左から大西氏、Anco氏、大柴編集長。3人が繰り広げるNBAトークに注目だ

9日に公開された第1回前編では、8月14日に開催されるラッセル・ウェストブルックの来日イベントのほか、アメリカ代表ミニキャンプやメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約を結んだ渡邊雄太といった注目の話題に鋭く迫る。そして続く後編では渡邊雄太が加入したグリズリーズがどういうチームなのか、長年のグリズリーズファンである大柴編集長が徹底解説する。


前編だけで約40分というボリューム満点の内容と、YouTubeで視聴できるトークショースタイルの情報番組という斬新な番組構成は、これまで日本では見られなかった新しい切り口と言える。Rakuten TVとダブドリによる新感覚情報番組は、NBAをさらに盛り上げてくれそうだ。

『Basketball Diner』第1回放送前編


『Basketball Diner』第1回放送後編

▶ NBA 2018‐19シーズンをRakuten TVで


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top