ラプターズ球団社長、ドウェイン・ケイシー前HC解任について「人生で最も難しい決断だった」
NBA

ラプターズ球団社長、ドウェイン・ケイシー前HC解任について「人生で最も難しい決断だった」

「ケイシーHCは何一つ間違ったことをしていない。しかし、交代の時期と判断した」

トロント・ラプターズは、5月11日(日本時間12日)にドウェイン・ケイシー前ヘッドコーチの退任を発表した。だが球団社長のマサイ・ウジリは、ケイシー前HCの解任は人生で最も難しい決断だったと振り返っている。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

HC解任について会見で説明したウジリは「正直に言って、これから彼以上の人物と仕事ができるかわからない」と語った。

「(ケイシー前HCは)本当に素晴らしい人だ。人生で最も辛い決断だった。(GMの)ボビー・ウェブスターと私が彼に解任を伝えた。私の人生でも、彼ほどの人格者に出会ったことはない」。

球団史上最多勝利をあげたケイシー前HCは、NBAコーチ協会から年間最優秀HCに選出された2日後に解任された。今季は球団新記録の59勝(23敗)に導き、イースタン・カンファレンス首位でプレイオフに進出。プレイオフではカンファレンス・セミファイナルではクリーブランド・キャバリアーズにスウィープで敗れた。ラプターズは、3年続けてキャブズにプレイオフで敗れている。

ウジリはHC交代について「ケイシーHCは何一つ間違ったことをしていない。しかし、交代の時期と判断した」と説明した。


ケイシー前HCは、ラプターズでの7シーズンで通算320勝238敗(勝率57.3%)という戦績を残した。球団史上年間50勝を上回ったのは3シーズンのみで、いずれもケイシーHCが在任中のシーズンだった。

ESPN.com』が関係筋からの情報として伝えた内容によれば、アトランタ・ホークスの前HCを務めたマイク・ブーデンホルザーが後任候補に挙がっているという。その他には、ラプターズのニック・ナース・アシスタントコーチ、Gリーグ所属ラプターズ・905のジェリー・スタックハウスHCが候補と見られている。

原文:Raptors president Masai Ujiri on firing Dwane Casey: 'Hardest thing I've done' by Chelsea Howard/Sporting News(抄訳)


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top