後半の逆転劇でスパーズに連勝のウォリアーズ、31得点のクレイ・トンプソンは「ステフィン・カリーの穴はチームで埋めないと」

後半の逆転劇でスパーズに連勝のウォリアーズ、31得点のクレイ・トンプソンは「ステフィン・カリーの穴はチームで埋めないと」

第3Qにケビン・デュラントが活躍、第4Qにトンプソンが16得点

4月16日(日本時間17日)にオラクル・アリーナで行なわれたNBAプレイオフ2018、サンアントニオ・スパーズ対ゴールデンステイト・ウォリアーズによるウェスタン・カンファレンス・ファーストラウンド第2戦は、ケビン・デュラントが32得点、6リバウンド、6アシスト、クレイ・トンプソンが31得点を記録し、ウォリアーズが116-101で制してシリーズ2連勝とした。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

ウォリアーズは第1戦でフィールドゴール13本中11本成功のトンプソンが、最初の5本のうち1本しか決められずに苛立ちを見せ、前半は3本しかFGを決められず。デュラントも最初の5本の3ポイントショットを決められず、47-53と6点ビハインドで前半を終えた。

だが、ウォリアーズはデュラントが決定的な仕事をした第3クォーターの立ち上がりから19-5と逆転。さらに第4Qだけでトンプソンが16得点をあげるなど、後半だけで69-48と大差をつけて勝利した。

シリーズ2連勝としたウォリアーズは、アンドレ・イグダーラが14得点、ジャベール・マギーが10得点、7リバウンドを記録した。

ウォリアーズは左ひざの負傷でステフィン・カリーがシリーズ全休する見通し。最終的にFG20本中12本成功のトンプソンは「ステフ(カリー)の貢献を個で補える選手はいない」と、カリーの穴はチームで埋めなければいけないと述べた。

「それはチームとしてやらなければいけないんだ。それでも、彼みたいにショットを打つのは難しいけどね」。

一方、敗れたスパーズはFG85本中35本成功(成功率41.2%)と再びショットに苦しんだ(第1戦はFG80本中32本成功の成功率40.0%)。ラマーカス・オルドリッジが34得点、12リバウンド、パティ・ミルズが21得点、パウ・ガソルとルディ・ゲイが各12得点をマークしている。


オルドリッジは「トンプソンは厳しいショットを決めた」と、ウォリアーズに賛辞を寄せた。

「だからこそ、彼らはああなんだ。タフなショットを決めてきた。KD(デュラント)もね」。

第3戦は19日(同20日)にサンアントニオで行なわれる。

ボックススコア

[特集]NBAプレイオフ2018


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top