ジェームズ・ジョンソンが20得点を記録のヒートが勝利、連勝ストップでウィザーズのスコット・ブルックスHCは「受け入れられない」
NBA

ジェームズ・ジョンソンが20得点を記録のヒートが勝利、連勝ストップでウィザーズのスコット・ブルックスHCは「受け入れられない」

第2Q終盤からヒートが圧倒

3月10日(日本時間11日)にアメリカンエアラインズ・アリーナで行なわれたワシントン・ウィザーズ対マイアミ・ヒートは、ジェームズ・ジョンソンが20得点、5アシストを記録し、ヒートが129-102で大勝した。

NBAをライブ視聴するならRakuten NBA Special

第2クォーター残り3分51秒に46-44と2点リードしていたヒートは、ここからの16分間で71-35とウィザーズを突き放した。第3Qは43-28と圧倒。1クォーターに43得点は、2013年10月30日(同31日)以来、394試合ぶりの数字だ。

ビハインドを背負うことのないまま連勝を飾ったヒート(36勝31敗)は、ウェイン・エリントンが17得点、ケリー・オリニクが13得点、11リバウンド、ジョシュ・リチャードソンが13得点を記録。

スターターがフィールドゴール成功率77%を記録し、ジョンソンとリチャードソンが合わせてFG15本中14本成功を決めたヒートは、11試合連続で100得点以上をマーク。これは球団史上3位タイとなる。

エリック・スポールストラ・ヘッドコーチは「選手層の厚み、複数選手が貢献できることが、我々の強みだ」と、チーム全体での勝利を喜んだ。

ハッサン・ホワイトサイドがでん部の痛みで欠場したヒートは、第4Qにドウェイン・ウェイドが軽いハムストリングの痛みでベンチに下がった。ウェイドは「出場しないだろう」と、ロード3連戦の初戦となる12日(同13日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦を欠場する見込みと明かした。

「おそらくそれは保証できる。治療をして、日々の様子を見て、戻れるかどうかをみていこう。あまり長くかからないことを願う。こういうのが腹立つのは確かだね」。


一方、連勝が5で止まったウィザーズ(38勝29敗)は、ジョディ・ミークスが23得点、ブラッドリー・ビールが14得点を記録している。

6日(7日)のヒート戦でオーバータイムまで戦い、前日もロードでニューオーリンズ・ペリカンズと戦っていたウィザーズ。だが、ミークスは「恥ずかしいね」と述べた。

「疲れているなんて言い訳はできない」。

スコット・ブルックスHCも「落胆している」と肩を落としている。

「自分に落胆している。選手たちに落胆している。今日の我々のようなプレイで成功した例は、バスケットボールの歴史において多くない。受け入れられないよ」。

ボックススコア


今なら1か月間無料で見放題! スポーツ観るならDAZN!!


記事をシェアする

特集

最新ニュース

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ニューヨーク・ニックス

nba

カイル・クーズマに求められる次なるステップ

nba

ヒートがユドニス・ハズレムと再契約

nba

ステフィン・カリー「調子はどうだ東京!!」とインスタグラムに投稿し日本上陸を知らせる

nba

サンズ、デビン・ブッカーが手の手術で6週間の離脱

nba

[2018-19シーズン戦力分析]ブルックリン・ネッツ

nba

リポート:元レイカーズのアンドリュー・バイナムがNBA復帰を希望か

nba

リポート:ロドニー・フッドがキャブズとの1年契約に合意

nba

リポート:デビン・ブッカーが右手を手術へ

nba

[2018-19シーズン戦力分析]シカゴ・ブルズ

nba

ステフィン・カリー物語(後編): 数々の試練を乗り越えNBAを代表する存在へ

nba

ドレイモンド・グリーンがBリーグの選手やファンと交流「日本には大きなポテンシャルがある」

もっと見るレス
Back to Top